Buy Osaka! おすすめ商品 吹田/茨木 大阪市内/ベイエリア

ギフトに最適!大阪のマンゴープリンの二大巨頭:五感VSうっふぷりんの比較

投稿日:

当ブログでは、大阪の魅力あふれる情報を地味に発信しています。

今回は、大阪の「マンゴープリン」に焦点を当ててみたいと思います。ギフトにも使える「高級マンゴープリン」。それは、北浜と茨木の対決でもありましたw

 

五感:完熟マンゴープリンの味と感想

五感(GOKAN)とは、大阪・北浜のレトロビルに本店を構えるスイーツ屋さんです。

そんな五感の「完熟マンゴープリン」は、値段も高いが味も上品で濃厚!な、送って喜ばれる、もらって嬉しいギフトにピッタリの高級プリンでした。

マンゴーの果肉たっぷりの五感・完熟マンゴープリンは、プリンというよりもはやマンゴー!?

これが、五感の完熟マンゴープリンです。

蓋を開けてみると、中身はこんな感じです。

マンゴーの果肉がたくさん入っているのが分かるでしょうか?

かなり!甘いのですが、プリンの甘さではなく、ほぼマンゴーの甘さだと思います。とにかくマンゴーの果肉が多くて、高級感があります。

マンゴープリンというよりは、プリン風マンゴーと言っても過言ではないような・・・

そんなナチュラルな甘さの五感・完熟マンゴープリンは、要冷蔵ですが3か月程度は日持ちします。これも、ギフトに使いやすい大きな要因ですね。

3個入りで1468円(税込み)です。季節限定商品ですのでご注意ください。

 

五感・北浜本店

阪急百貨店にも出店している五感ですが、北浜本店はこんなレトロ風ビルにあります。

個人的には「北浜」って伝統的なビジネス街であり、それほど高級感のあるイメージはなかったのですが、この貫禄あるビルはなかなかお洒落ですね。

五感に頑張っていただき、堺筋・北浜のブランド価値をもっと高めていってもらいたいです。

五感北浜本館公式HP

 

うっふぷりん・マンゴープリンの味と感想

うっふぷりんは、茨木市に本店を構える北摂屈指のスイーツ店です。うっふぷりんの商品は茨木市のふるさと納税の返礼品にも含まれており、いまや、市を代表する名産品にもなっています。

うっふぷりんのマンゴープリンは扱いやすい冷凍スイーツです!

うっふぷりんのマンゴープリンの最大の特徴は、デフォルトで冷凍されているところです。

冷凍のおかげで、ギフトとして送りやすいですし、保存も効いて日持ちもします。

解凍してから食べますが、すべて溶けきる前に食べると、シャーベットのようで夏に最適なスイーツになっています!

プリンの新次元を切り開くうっふぷりんならではのアイデア商品では・・・

果肉は五感のものほどではありませんが、その分値段もややリーズナブルです。

マンゴーぷりん 6個セット【冷凍】

価格:2,268円

もともと冷凍なので、オンラインで買うのにちょうどいいですね。夏のギフトに冷たいマンゴープリンをどうぞ!

 

 

更に高級品をご希望の方には・・・

オンライン専門店ですが、「プリン研究所」ももともと大阪・西淀川区のお店です。

こちらは五感よりもさらに高級、ものによりますが600円~数千円のものまで揃っています。

ギフト用、超・高級志向の方には、ぜひプリン研究所もご参考ください。

 

まとめ

高級なマンゴープリンに焦点をあてて、五感・完熟マンゴープリンとうっふぷりん・マンゴープリンの味と感想をレビューしました。これは、北浜VS茨木の熱い戦いでもありました(笑)

夏の暑い季節には、ひんやりと甘いマンゴープリンで、ちょっとリッチな雰囲気を味わうのもいいかも知れませんね!高級感ある味わいで、ご進物にも最適です。

ご参考いただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

hokusetsu2025

大阪(特に北摂地区)の魅力を地味に発信しています。

よんでほしい記事

1

  明治の森国定公園のある、風光明媚な大阪・箕面(みのお)で泊まりたい ...

2

さて、本日は大ネタ、「南海トラフ地震が起こったとき、大阪はどうなるのか?」という ...

3

  本日は国産オリーブオイルを使った製品を手がける日本オリーブの製品に ...

-Buy Osaka!, おすすめ商品, 吹田/茨木, 大阪市内/ベイエリア

Copyright© 北摂2025 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.