千里 関西経済の話題

万博記念公園にアリーナ建設~その経済効果と課題

更新日:

 

先日、報道で万博記念公園にスポーツやコンサートを開催できるようなアリーナを建設するとの発表がありました。万博記念公園にアリーナを建設することの経済効果と課題について、少し考察してみます。

エキスポアリーナ2025年に開設予定

概要

万博公園にアリーナ 大阪府、25年万博までに開業(日本経済新聞)

15000人以上が収容できるようなアリーナを、エキスポシティ横に建設する予定とのことです。

 

大阪城ホールが固定客席9000人規模ですので、1万人以上の規模のイベントを関西で開催することができないというのが現状のようです。そのため、大規模なスポーツやコンサートイベントは多くが関東で開催されている現状です。

大型イベントの関西での開催のためには、確かに必要な施設ですね。

 

建設候補地の現状

大阪モノレールの万博記念公園駅前の一等地は、このように駐車場となっています。

奥に見えるのがホテル阪急エキスポシティ。残念なことに2020年2月に閉館。。。

その前にある駐車場は、周辺イベントによってはいっぱいになることもありますが、確かにもっと有効利用したいですね。

周辺には、1970年大阪万博のシンボルである太陽の塔や、上記で述べたエキスポシティ、そしてパナソニックガンバ大阪のスタジアムなどがあります。

 

ガンバ大阪のスタジアムも隣接していますので、バレーボールやバスケットボールなどのスポーツ開催が可能なアリーナ建設は相乗効果が見込めそうです。

 

その経済効果と課題

「北摂地区」に「2025年目標」に、大規模アリーナが建設されるとのことから、当ブログとしても大注目です。

大きなイベントが万博記念公園で頻繁に開催されるようになれば、「太陽の塔」の露出も増えるでしょうし、全国からの観光客の増加も見込めます。

万博記念公園駅は、大阪モノレール彩都線のターミナルにもなっているので、万博記念公園の発展による経済効果は間接的に彩都にも波及しそうです。

まさに、2025年大阪再開発バブルに1枚カードが加わった感じ。

2025年大阪再開発バブル

2025年大阪万博に向けて、大阪は再開発ラッシュです。東京五輪終了後の景気落ち込みも何のその、陽よ西から昇れ。

おさらいしてみましょう。

2021年  大阪大学外国語学部(旧外大)箕面船場地区に移転

2023年  北大阪急行箕面萱野延伸

2024年  大阪メトロ御堂筋線・中央線リニューアル完了、顔認証改札導入、

うめきた2期街びらき、IR開業?

2025年  大阪万博、

万博記念公園エキスポアリーナ開業←new

2028年? 京都線・千里線連続立体交差事業完了

楽しみですね~

 

ただ、いいことばかりでもないかも知れません。「エキスポアリーナ」開業後のことを予想してみると、複数の問題点が思い当たります。

 

問題点1 アクセスが悪い

万博記念公園は北摂市民の憩いの場ではあるのですが、全国レベルのイベントを頻繁に行うようになった場合、「大阪梅田」や「新大阪」からのアクセスが悪いです。

基本的には「大阪モノレール」でのアクセスになりますが、「梅田」or「新大阪」からは、いったん大阪メトロ御堂筋線で千里中央まで出て、そこで大阪モノレールに乗り換える必要があります。

また、阪急京都線利用の場合には、南茨木駅という特急・快速急行非停車駅で大阪モノレールに乗り換える必要があります。

ちょっと足が悪いかも知れません。

 

 

問題点2 大阪モノレールが混む

4両編成の大阪モノレールは、ラッシュ時やガンバ大阪の試合時には一杯になります。乗り切れません。

万一ガンバ大阪の試合と重なったりしたら、悲惨な状況が予想されます。

輸送能力をどうするかという課題の克服が必要です。

IMG_0653.JPG

ホームはもともと6両編成に対応していると思いますので、これを機に6両化の検討の余地はあると思いますが、それでもさばききれるのか?

 

問題点3 周辺道路が混む

いわゆる「万博外周道路」は現時点でも、土日祝日はかなり混みます。「万博外周道路」につながる周辺道路もそうです。

これ以上交通量が増えたら、地元住民大迷惑では。

周辺道路の整備も合わせて検討して欲しい。

 

問題点4 ホテル阪急エキスポシティ閉館でホテルどうするの?

問題点1で足の悪さを指摘いたしましたが、足の悪さを逆手にとって、アリーナ観戦を近隣ホテルの宿泊とセットにするなどすれば、近隣ホテルには商機かも知れないと思います。

なのに、なんでホテル阪急エキスポシティ閉館するの!?(TT) アリーナ建設に合わせてまたホテル作るのだろうか?

千里中央駅にある「ホテル千里阪急」はかなり商機でしょうね。

 

時期によっては夜景も綺麗ですので、ぜひ宿泊込みで全国から来阪してもらいたいです。

イルミナイト万博2019

 

まとめ

いかがだったでしょうか。2025年に向けての大阪の「景気の良い話」がまた一つ厚くなった感じです。ですが、解決しないといけない課題もまだまだあるようにも思います。2025年に向けて、万博アリーナ情報もウォッチしていきたいと思います。

 

一休:ホテル阪急エキスポシティ(1泊6500円~)  

閉館前に是非一度ご宿泊を!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

hokusetsu2025

大阪(特に北摂地区)の魅力を地味に発信しています。

よんでほしい記事

1

  明治の森国定公園のある、風光明媚な大阪・箕面(みのお)で泊まりたい ...

2

  当ブログでは、北摂地域(大阪北部)の魅力を細々と発信しております。 ...

3

  本日は国産オリーブオイルを使った製品を手がける日本オリーブの製品に ...

-千里, 関西経済の話題

Copyright© 北摂2025 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.