神社仏閣 能勢

夕焼けに映える桜並木が素敵な能勢・妙法寺

投稿日:

人知れぬ能勢の魅力を発信している当ブログ的に、屈指の桜映え・パワースポットと思うのが、能勢倉垣の永昌山・妙法寺です。

夕焼けに映える桜並木が素敵な能勢・妙法寺

春の夕暮れの能勢・妙法寺の風景

大阪府能勢町の歌垣山のふもとに坐する妙法寺は、日蓮宗系の寺院です。

能勢に日蓮宗系の寺院が多いのは、室町時代~江戸時代にこの地を治めた能勢氏の影響でしょう。

 

能勢の妙法寺についてはネット上にも情報がほとんどありません。

恐らく、倉垣の地の檀家として地域密着されているお寺なのでしょう。

由緒の解説はこの看板頼みです(後述)。

山門に向けての登りのスロープは桜に覆われています。

 

 

 

本堂。

小さなひっそりとしたお寺ですが、桜盛り盛りです。西の斜面にありますので、夕陽に桜が映える様子がとてもきれいです。

うーん、すごいポテンシャルあると思うけどなぁ。。。

駐車場に沿った桜並木。

境内にある桜の木の本数としては、10本前後だと思いますが、お寺自体がこじんまりとしていますので、桜の「密度」をすごく感じます。

桜のお寺と言っても過言ではないのでは・・・

能勢の里山を見下ろし、沈む太陽を背景にした桜並木。ひっそりとした雰囲気が格別です。

 

妙法寺に限らず、この倉垣橋交差点付近は、なんだか桜が満ち満ちています。

大阪人にとっても注目度の低い能勢町ですが、相変わらず観光ポテンシャルには溢れていると思います・・・

 

由緒

では、永昌山妙法寺の説明書きをみていきましょう。

もともとは真言宗系の寺院だったようですが、1573年に肥前国万部寺の僧が、荒廃した寺院を再興して、日蓮宗にしたとされます。その後、この地出身の了因坊日運が自ら中興開山として、永昌山妙法寺を開創した、とあります。

ちなみに近隣の倉垣天満宮も、ルーツは1054年ごろとされますが、現在の地に造営されたのが1584年。このあたりの地域は、安土桃山時代に整備されたものと思われます。

関連
イチョウで有名な倉垣天満宮は素晴らしき能勢のパワースポット!

当ブログでは大阪・北摂地区を中心に魅力を細々と発信しています。能勢は重点強化領域 ...

続きを見る

アクセス

永昌山妙法寺(倉垣)のアクセスです。道は狭いですが、数台であれば車を止めるスペースはあります。

まとめ

本日は能勢・妙法寺の春の風景をご紹介いたしました。

想像以上に桜が躍動する素敵なお寺でした。

大阪人にとってもまだまだ底知れぬ魅力にあふれた能勢の地、ぜひ桜の時期に参拝してみてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

hokusetsu2025

大阪(特に北摂地区)の魅力を地味に発信しています。

よんでほしい記事

1

本日は、GOTOトラベルキャンペーンで多少、手が届きやすくなった一休掲載の高級ホ ...

2

さて、本日は大ネタ、「南海トラフ地震が起こったとき、大阪はどうなるのか?」という ...

3

  多くの北摂市民にとっても印象が薄い「能勢電鉄」。能勢(のせ)をこよ ...

4

みなさん!シークワーサーという果物をご存じでしょうか? 沖縄でとれる果物ですが、 ...

-神社仏閣, 能勢

Copyright© 北摂2025 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.