みどころ 川西/宝塚 能勢

能勢街道の奥座敷:黒川の森の野生の桜

更新日:

能勢電鉄の終点である妙見口からほど近い「黒川・桜の森」には、魅惑の野生の桜の木々がありました。

近隣にある妙見の森ケーブルの桜の風景、野間の大けやきの風景とあわせてご紹介いたします。

能勢街道の奥座敷の桜街道:妙見ケーブル~黒川桜の森~野間の大けやき

黒川の森の野生の桜:微笑みの樹と長老の樹

兵庫県川西市の黒川には、野生の桜・エドヒガン(江戸彼岸)が自生する貴重な桜の森があります。

その名も「黒川桜の森」。

メジャーな観光地ではありませんので、駐車場なども整備されていません。山間にひっそりとたたずんでいる感じで、それがまた北摂地域独特の魅力といえるでしょう。

黒川・桜の森の入り口はこんな感じ。

 

黒川の森が誇る最大の微笑み桜、高さ約24m。推定樹齢150年・・・だいたい1872年生まれ??明治5年とか。

エドビガンは寿命が長いので、この先まだまだ生き続けることでしょう。

街中でみかける桜並木というのは、多くが植樹であり、どこか人工的な雰囲気があるものですが、これは自生のものです。野生の桜、よくぞ大きく育ったものです。素晴らしい。

微笑み桜から下を振り返ります。

エドヒガンというのは、斜面でも育つことができるのが特徴らしく、そのために山の斜面に自生しながら勢力を拡張することができています。日本固有種というのはどこか弱弱しいイメージがついてまわりますが、エドヒガンはたくましいです。

 

 

こちらは長老の樹です。

エドヒガンは長寿であるが、かなり成長するまで花は咲かないというまさに「遅咲きの桜」。こんなに育ったのは立派です。

 

長老の樹のきわから、黒川の森を見下ろし気味に。

黒川桜の森を俯瞰でみるとこんな感じです。ほぼ中央にあるのが長老の樹。

 

国道447号線沿いから撮るとこんな感じです。山の斜面に他の木に交じって頑張って生えている様子がよく分かります。

真正面奥にあるのが微笑み桜。樹冠部の大きさが、他の桜と一目して全然違います。

 

エドヒガンは明るい環境でないとうまく育たないそうで、様々な樹種や樹齢の木々で構成されているおかげでこの地域は明るい環境となり、エドヒガンの群生に適したものとなったようです。

なお、黒川・桜の森で、いかに桜の木を写真映えさせるか?というテーマで考察してみた姉妹ページもありますので、よかったらご覧ください!

川西市・黒川桜の森で樹木の撮り方を真面目に考えてみる

妙見の森ケーブルの桜

黒川の森から少し大阪側に戻ると、妙見の森ケーブル黒川駅があります。

妙見山はいわゆる「能勢街道」の終点にありますが、その登り口にあたります。

ケーブル沿いにはこのように桜並木があります。

妙見の森は、北摂有数の桜のお花見スポットで、黒川の森よりはずっとメジャーです。

 

ケーブルのきわの道を登っていくと、ハイキングコースの大堂越コースです。

関連
能勢妙見山ハイキング:大堂越コース

当ブログでは、大阪の発展を願いながら、細々と北摂地区の魅力を発信しております。 ...

続きを見る

桜の時期の野間の大けやき

さて、黒川の森から国道477号線をもう少し北に行くと、能勢の観光スポットの一つ、野間の大けやきがあります。

桜の時期に、大けやきはほとんど葉をつけておりませんが、駐車場には桜が咲き、このような雰囲気となっています。

桜は駐車場のきわに数本生えているだけですが、それなりにボリュームがあります。

大けやきとのコラボ。大けやきは丸裸同然ですが、樹枝のシルエットが際立って見えるのも悪くない光景かと思います。

 

関連
能勢のみどころ:野間の大けやきと地黄

  北摂地区の魅力を地道に発信する当ブログですが、大阪府能勢(のせ)町 ...

続きを見る

能勢街道の終点にあたる妙見山から国道477号線をもっと北に進むと、このようにあまりメジャーではありませんが桜の見どころがいくつか点在しております。

 

アクセス

妙見ケーブル黒川駅、黒川・桜の森、野間の大けやきは、国道477号線に沿って点在しています。

黒川桜の森に関しては、あくまで自生の桜の森で、特に観光地というわけでもありませんので、専用駐車場のようなものもありません。

シーズンには何台か車を止めれるスペースが解放されていますが、いずれにせよあまり多くはとめれません。

妙見口駅から頑張れば歩ける距離ではありますので、ゆっくり散策されるなら能勢電鉄の利用もお勧めです。

関連
川西市の黒川ダリヤ園は10月ぐらいが見頃!

当ブログでは大阪の街の発展を記録しながら、北摂地方の魅力を細々と発信しています。 ...

続きを見る

まとめ

能勢街道の「奥座敷」ともいえる黒川の野生の桜の森と、国道477号線沿いの桜の風景を合わせてご紹介いたしました。

能勢には人知れぬ魅力がいっぱいです!(黒川は川西市ですが・・・)

ちなみに、川西市のホームページでは、「日本一の里山」黒川というプロモーションを行っております。

日本一の里山、いいキャッチフレーズやな。。ちなみに能勢のキャッチフレーズは「おおさかのてっぺん」・・・うーむ 笑

もとい、少しでも北摂の魅力をお伝えできれば幸いです!

関連
多田神社は武家の聖地!そして三ツ矢サイダーにとっても特別な地!

  本日は、太古の昔より武家に関連する多田神社を取り上げたいと思います ...

続きを見る

関連
能勢電鉄沿線のみどころのまとめ

  多くの北摂市民にとっても印象が薄い「能勢電鉄」。能勢(のせ)をこよ ...

続きを見る

関連
能勢(のせ)のおすすめのおみやげ:大阪府能勢町の応援特集!【能勢を訪れたらこれを買え!】

当ブログは、大阪の発展を願いながら、北摂の魅力を細々と発信しています。 大阪のて ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

hokusetsu2025

大阪(特に北摂地区)の魅力を地味に発信しています。

よんでほしい記事

1

本日は、GOTOトラベルキャンペーンで多少、手が届きやすくなった一休掲載の高級ホ ...

2

さて、本日は大ネタ、「南海トラフ地震が起こったとき、大阪はどうなるのか?」という ...

3

  多くの北摂市民にとっても印象が薄い「能勢電鉄」。能勢(のせ)をこよ ...

4

みなさん!シークワーサーという果物をご存じでしょうか? 沖縄でとれる果物ですが、 ...

-みどころ, 川西/宝塚, 能勢

Copyright© 北摂2025 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.